<< 明日から一斉ワークです | main | 星の学びと幸せプログラムのご案内 >>
江ノ島の話/笑うこと
江ノ島に行ってきました。風強かったけど、潮風気持ちよかったです。
そのあとダンナさんが行ってみたいというカレー店に。
モアナマカイ珊瑚礁というところ。
あれ?ハワイのお店?と思っていたら、カレーを中心としたハワイアン料理のお店でした。
たくさんのお客さんが待っていてびっくりしましたが
まろやかなカレーでとてもおいしかった〜^^

一斉ワークの話は何もしていないのですが、ここをチョイスするあたり
ダンナさんの頭になにか働いたんでしょうか(笑)。


そんなダンナさんつながりな話をひとつ。

身内から電話で相談を受けて終わったあと、ダンナさんが言いました。
「和子は大変そうな話でも笑っているよね」
「えっ。話を笑い飛ばしたりしてないよ!?」
「いい意味で笑ってるってことだよ」

自然にやってるので本人にはなんとも。
静かに寄り添うときはそうしているし、必要なときは言うこと言いますから
いつもわははは言ってるわけじゃないですよ^^;

たしかにクライアントさんに「ああ大丈夫なんだってほっとします」と
言われたことがあるなぁと思っていたら、ネットである言葉が飛び込んできました。

「人は幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」(幸福論/アラン)

笑っていると幸せな気持ちになって、なに悩んでたんだろうってことは
けっこうあると思います。
とくにまじめすぎる人は、先に笑ってみると悩みが少し減ると思います。
笑ってもダメなら何かがあるはずなので、そこでしっかり向き合えばいい。

笑って、カレーでも食べて幸せになりましょう☆^^